引っ越しの際には何十箱という荷物ができます。一人暮らしの簡単な引っ越しでも段ボールで20箱程度、子連れの家族では70箱以上になることも珍しくありません。

引っ越しを業者に頼めば、当然何でも持って行ってもらえる物、と思ってしまいますが、実は意外と制限があります。

単身者ならともかく、一般的に引越しには大量のダンボールが必要になります。しかも、入れるものによって必要な大きさが異なります。(食器や書籍などなどは重いので、運ぶ人のことを考えて小さめのダンボールに入れるのが基本です。逆に衣類などは大きめの箱につめてしまいます。)

分譲で購入した家でも、転勤やさらなる物件購入など、引っ越すことは多々あります。そこで問題になるのが今の家のその後。

引っ越しの際には何をしたら良いのか?引っ越しの際には書類上も色々な手続きを行う必要があります。法律的な物からライフライン、生活上必要な物まで。うっかりすると生活に支障の出る、忘れがちな各種手続きをまとめます。


引越しの準備となると面倒くさく気が重いですよね。
時間も手間も体力も必要となり嫌だなと思いがちですが、これを機会に身の回りの物を整理してみませんか?


不要な物や、何となく捨てられない物。
思い切って処分してしまい、引越し荷物、引越し費用そして気持ちを軽くしてみませんか^^?


新居も決まり、引越し業者も依頼が済んだら、荷造りの開始です。不用品・リサイクル品・必要な品と分別しながら効率よく荷造りをしていきましょう

引っ越しの際には、賃貸なら「現状復帰義務」、持ち家からの引っ越しなら売却のことを考えなければいけません。

引っ越しするから、といって今の家のことは考えなくても良い訳ではなく、引っ越し後の家のことを考える必要があるわけです。


立つ鳥跡を濁さず、といいますが、スムーズに引っ越しができるよう、立ち去る家には何に気をつけて、どう片付けると良いのか、賃貸で住んでいる場合についてまとめます。

お引越しにはいろいろとお金が掛かるもの。でも、引越し後の新しい生活のために、引越しそのものにはあまりお金をかけずお得に済ませたいものです。

そこで、引越しの安い時期、安い時間帯、安い曜日はいつなのか?ということをまとめてみました。可能な限り調整して、賢くお引越しをしましょう。

引越しとなると荷物を移動するだけではなく、様々な行政手続き、ライフラインの手続き、銀行、クレジットカードの住所変更...などなど、やるべきことが多々出てきます。

今回は、これらの面倒な手続きを、順を追ってスムーズにこなしていく方法についてご紹介したいと思います。